医薬品や医療機器を扱っている会社について、まとめてみました。

東洋新薬やテルモ株式会社など、医薬品や医療機器を取り扱う、有名な会社についてまとめてみました。

最近の投稿

トーアエイヨー株式会社

投稿日:2017年8月1日 更新日:

5

トーアエイヨー株式会社は東京都中央区に本社があり、70年以上の歴史を誇る製薬会社です。
全国各地の大都市に支店をたくさん設けており、また地方都市には営業所を多数設置しています。
工場や研究所を複数有していて、循環器用製剤などを製造しています。医薬品の製造や販売に特化している企業となっており、高血圧や虚血性心疾患、不整脈、心不全に関する治療剤を作り、ビソノテープブランドなどは特に有名です。
もちろんそれらだけではなくて、ビタミン剤やアデノシン三リン酸製剤、補酵素型ビタミンB2製剤などもトーアエイヨー株式会社の主力商品となっています。
特に循環器に関する製薬を得意としており、この分野への研究開発には相当な力を入れていて、これは成長のための重要な要因となっているのでしょう。

現時点においても上記したような数多くの医薬品を世に送り出していますが、新医薬品の開発に向けて研究開発体制を作り上げています。
基礎的な研究と臨床開発を各拠点一丸となって行うことにより効率の良い研究開発ができるようになっています。
同社の主力商品でもあるフランドルテープは、継続的に薬物を出すことができるように独自性のある経済システムを取り入れています。
トーアエイヨー株式会社は長い歴史の中で多くの事柄を学び続け、ノウハウとして蓄積していて、それを研究や開発、製造の際に生かし、患者のための医薬品を製造しているのです。
自社で培ってきたノウハウをしっかりと活用するという点も見習うべきでしょうし、大切なことではないでしょうか。
また同社は錠剤を作る際の技術力にも長けており、医薬品に対して何かの付加価値をつけることにも一生懸命です。
それを実現させるためには患者が望んでいることをしっかりと把握し、研究開発において実用化しなくてはいけません。
それができるということも強みだといえます。

例えばPTP包装から取り出して調剤ができるという点は魅力的ですし、1包化調剤も可能となっているのです。
循環器領域に特に注力しているからこそ大きな結果を残すことができていますし、この分野でかなり具体的な戦略を有しており、それが成長の原動力になっているのでしょう。
成長性が期待できる要因はたくさんありますが、特化しているという部分に強みを感じます。
株式会社東洋新薬も特に健康食品分野に強く、ノウハウを積み重ねているからこそとトクホ許可取得数日本一を実現しているのです。
株式会社東洋新薬もトーアエイヨー株式会社同様、今後の成長性が期待できそうです。

-最近の投稿

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

9

東洋新薬の成長性

株式会社東洋新薬は成長著しい企業で、クオリティの高い製品を作り出すためにHIGH-ENDQUALITYという目標を掲げています。 公式サイトで約束事を3つ宣言していますが、その内容は「天然素材を活用し …

8

東レ株式会社

東レ株式会社といえば90年以上の歴史を誇る有名企業で、1400億円以上の資本金を誇る日本を代表する存在です。 関係会社は日本だけでも100社ほどあり、海外も含めると255も存在しています。 手掛けてい …

2

ゼリア新薬工業株式会社

60年以上の歴史を誇っているゼリア新薬工業株式会社は、多様な事業展開をしています。 医薬品や医薬部外品の製造販売だけではなくて、試薬をはじめ、農業用、動物用などの薬品の製造にも従事しています。 関節痛 …

10

富山化学工業株式会社

富山化学工業株式会社は富士フイルムホールディングスグループに属している企業で、株主比率は富士フイルムホールディングスグループが66%、大正製薬ホールディングス株式会社が34%です。 東京都新宿区西新宿 …

4

テルモ株式会社

テルモ株式会社は設立されてもうすぐ100年が経過する企業で、医療機器や医薬品の製造販売に従事しています。 連結子会社は96社もあり、かなり規模の大きなグループを有していて、グループ全体で2万2000人 …