東洋新薬やテルモ株式会社など、有名な会社についてまとめました。

医薬品や医療機器を扱っている会社について、まとめてみました。

最近の投稿

佐藤製薬株式会社

投稿日:2017年8月1日 更新日:

6

佐藤製薬と言えば1915年に創業された企業で、メジャーリーガーのイチロー選手のCMで話題のユンケルシリーズなどで有名です。
東京都港区に本社があり、従業員数は1000名を誇る大きな規模となっており、日本国内のありとあらゆるところにたくさんの事業所などを抱えています。
日本国民の多くが佐藤製薬株式会社の名を知っており、「sato」というロゴは誰もが一度は見たことがあるはずです。
東京都と千葉県に工場を一つずつ設けており、さらにメディックスサトウ株式会社などの関連企業があります。
またアメリカ、香港、シンガポール、中国など、世界中のあらゆるところに事業所を設置していて、世界規模の大きな事業を展開しています。
この規模の大きさも佐藤製薬株式会社の成長を支えているのでしょう。

事業内容については「ヘルスケア事業」と「医療用医薬品事業」に分類することができ、上記したユンケルだけではなくて、ストナシリーズやアセスシリーズも知られています。
根強いファンがたくさんいる製品が数多くあり、長期間継続的に愛され続けているというのもこの企業の強みではないでしょうか。
〇〇シリーズのように、必要とされている内容のものをそれぞれの人たちに届けるためには並大抵の情報収集や研究開発だけでは不可能です。
それを可能にしているのは独自の戦略であったり、ブランド力のおかげです。
そして佐藤製薬株式会社は医薬品作りの経験を生かして、そのほかの分野の製品づくりにも積極的に取り組んでいます。
化粧品作りも行っていますが、特にエイジングケアに関する商品は人気を博しており、継続的に利用し続けている女性の方たちも少なくありません。

一度獲得した利用客を離さないという点に強みを感じますし、それが続く限りどんどん成長するでしょう。
またマーケティング手法にも長けていて、さすが超一流企業といった方法を駆使しています。
自社のためだけにマーケティングを行うわけではなく、薬局やドラッグストアに向けたサービスも展開しています。
その他には主要商品を海外で製造するなどの工夫も見られ、コストパフォーマンスに優れた企業活動が実現されています。
佐藤製薬に比べると知名度は低くなってしまいますが、株式会社東洋新薬も独自の構想によって成長力を獲得しており、長年愛されている製品を誕生させています。株式会社東洋新薬は他企業にはない独自性があることが何よりのアドバンテージかもしれません。

-最近の投稿

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

1

サノフィ株式会社

外資系企業のサノフィ株式会社は東京都新宿区に本社がある医薬品の研究や製造、そして販売などを行っています。 この日本法人が設立されてまだ10年程度ですが、サノフィグループは世界中で影響力を誇っているため …

7

生化学工業株式会社

東京都千代田区に本社がある生化学工業株式会社は、70年の歴史を持つ製薬会社です。 神奈川県と茨城県に工場を所有しており、東京都内に研究所も設けていて、そこでは各種研究開発をしています。 またアメリカに …

4

テルモ株式会社

テルモ株式会社は設立されてもうすぐ100年が経過する企業で、医療機器や医薬品の製造販売に従事しています。 連結子会社は96社もあり、かなり規模の大きなグループを有していて、グループ全体で2万2000人 …

10

富山化学工業株式会社

富山化学工業株式会社は富士フイルムホールディングスグループに属している企業で、株主比率は富士フイルムホールディングスグループが66%、大正製薬ホールディングス株式会社が34%です。 東京都新宿区西新宿 …

3

セルジーン株式会社

米国セルジーン社の子会社でもあるセルジーン株式会社は、設立されて12年程度という歴史の短い企業です。 しかし親会社は世界的な大企業であり、世界規模の企業活動を実施しています。日本国内に事業所は1箇所し …