医薬品や医療機器を扱っている会社について、まとめてみました。

東洋新薬やテルモ株式会社など、医薬品や医療機器を取り扱う、有名な会社についてまとめてみました。

最近の投稿

東レ株式会社

投稿日:2017年8月1日 更新日:

8

東レ株式会社といえば90年以上の歴史を誇る有名企業で、1400億円以上の資本金を誇る日本を代表する存在です。
関係会社は日本だけでも100社ほどあり、海外も含めると255も存在しています。
手掛けている事業は多岐にわたり、主要な事業でもある繊維関連や機能化成品など様々ありますが、ライフサイエンス事業も近頃注目されています。
ライフサイエンス事業においては医薬品や医療機器の製造などを行っていて、フエロン、ドルナーなどの製剤の製造に関わっています。
あらゆる医薬品ブランドを有しているのも特徴で、有名ブランドによって成長性が維持できているという側面もあります。
もちろん東レ株式会社の規模の大きさがこれを可能にしているともいえますが、大企業ではありますが驕ることなく次々と社会のニーズに応えるために製品開発や製造を行っています。

医薬品の製造だけではなく、例えば弾性ストッキングやフェイスマスクの製造にも取り組んでいたり、バイオツール関連や医療機器の製造事業にも携わっています。
実際に東レ株式会社で研究開発している製品はあらゆるところで使われていて、その重要は尽きることを知りません。
東レ株式会社はとにかく全てにおいて規模が大きく、一般的な製薬会社が行うことができないような機器の導入や研究設備への投資などをしていて、同業他社と格の違いを見せつけています。
世界規模を誇る同社ならではの世界基準での物の考え方のおかげもあり、医薬品を手掛けるライフサイエンス事業が大きな成長を遂げています。
株式会社東洋新薬は東レほどの企業規模ではないものの、独自性の高い素材世界中から求め、高い研究開発力により、ライフサイエンス事業で頭角を現しています。
健康食品などを研究開発、製造する際には素材が不可欠になりますが、世界は思っている以上に広く、日本では入手できない健康素材が海外にはあふれています。

株式会社東洋新薬ではこれらの新しい素材を探し出して入手するためにも世界に目を向けています。
このような地道な努力こそが東洋新薬の成長をされているのかもしれません。
グローバル化している現代社会において、数多くの企業が世界基準での経済活動を行おうとしていますが、なかなかうまくいくケースばかりではありません。
しかし株式会社東洋新薬や東レ株式会社は、すでに海外とのパイプを有しているため、そのアドバンテージを賢く活かし続けるでしょう。

-最近の投稿

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

1

サノフィ株式会社

外資系企業のサノフィ株式会社は東京都新宿区に本社がある医薬品の研究や製造、そして販売などを行っています。 この日本法人が設立されてまだ10年程度ですが、サノフィグループは世界中で影響力を誇っているため …

10

富山化学工業株式会社

富山化学工業株式会社は富士フイルムホールディングスグループに属している企業で、株主比率は富士フイルムホールディングスグループが66%、大正製薬ホールディングス株式会社が34%です。 東京都新宿区西新宿 …

6

佐藤製薬株式会社

佐藤製薬と言えば1915年に創業された企業で、メジャーリーガーのイチロー選手のCMで話題のユンケルシリーズなどで有名です。 東京都港区に本社があり、従業員数は1000名を誇る大きな規模となっており、日 …

4

テルモ株式会社

テルモ株式会社は設立されてもうすぐ100年が経過する企業で、医療機器や医薬品の製造販売に従事しています。 連結子会社は96社もあり、かなり規模の大きなグループを有していて、グループ全体で2万2000人 …

7

生化学工業株式会社

東京都千代田区に本社がある生化学工業株式会社は、70年の歴史を持つ製薬会社です。 神奈川県と茨城県に工場を所有しており、東京都内に研究所も設けていて、そこでは各種研究開発をしています。 またアメリカに …