最近の投稿 東洋新薬

東洋新薬の化粧品事業

投稿日:2018年4月14日 更新日:

東洋新薬 化粧品事業

東洋新薬は、医薬部外品や化粧品、健康食品などの製造や販売などを主に展開している企業です。その中でも、化粧品事業は独自の技術と独自の素材とで高付加価値化粧品の開発を続けているのが特徴的と言えます。

東洋新薬が手掛ける化粧品は、体の内側と外側、どちらにも美容機能を届けようという願いが込められています。そんな東洋新薬の化粧品事業についてご紹介しましょう。

東洋新薬の化粧品事業の特徴

東洋新薬は、独自素材やトクホ許可取得数もトップクラスの実績で健康食品事業においても業界をリードし続けています。そんな東洋新薬だからこそ、健康と予防医学を踏まえてレベルの高い化粧品開発体制を構築することができるのではないでしょうか。

「三相乳化」は神奈川大学によって開発された界面活性剤不要の新しい乳化テクノロジーですが、東洋新薬はそれを採用し、肌への安全性や独自のテクスチャーを実現しています。これまでは難しいとされていた感触が良く安定性に優れた化粧品の製造を可能にしているのです。

肌に優しい化粧品づくり

東洋新薬では、天然由来で肌により効果のある素材を求め追求し続けています。天然由来の独自素材を配合することで、他社と差別化を図っているのも特徴と言えるでしょう。また、佐賀大学発のブランド野菜の「バラフ」を化粧品原料として機能性を追求し、ミネラルと保湿性によるエイジングケアに有効なビタミンを確認しています。

実際の臨床試験でも保湿作用や抗シワ作用を確認しており、バラフを原料とする化粧品も開発が進められているのです。他にも、フラバンジェノールと呼ばれる植林の樹脂から抽出される独自素材を採用し、美白作用や抗シワ作用のある化粧品も開発しています。

東洋新薬の化粧品事業では、ターゲットとなる客層により適したブランドを築いていくことを重要視しています。そのために化粧品のブランディングに精通したスタッフが商品のラインナップや販売、コミュニケーション方法などの戦略立案を追求しているのです。東洋新薬は、独自素材にこだわり、他社と差別化し機能性の向上を図っています。こうすることで、結果的に化粧品との相乗効果が期待できる商品を開発でき、高品質で安心な化粧品の提供を実現しています。

東洋新薬の化粧品事業について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。医学部外品や健康食品にも力を入れている東洋新薬ですが、化粧品事業においても独自の取り組みを大切にしており、高品質でより安定性のある生産体制を構築していると言えるでしょう。

-最近の投稿, 東洋新薬

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

7

生化学工業株式会社

東京都千代田区に本社がある生化学工業株式会社は、70年の歴史を持つ製薬会社です。 神奈川県と茨城県に工場を所有しており、東京都内に研究所も設けていて、そこでは各種研究開発をしています。 またアメリカに …

3

セルジーン株式会社

米国セルジーン社の子会社でもあるセルジーン株式会社は、設立されて12年程度という歴史の短い企業です。 しかし親会社は世界的な大企業であり、世界規模の企業活動を実施しています。日本国内に事業所は1箇所し …

no image

東洋新薬の健康食品事業

東洋新薬は、化粧品や医薬部外品の開発・製造・販売を行っている企業です。設立当初は化粧品企画業として事業がスタートしましたが、1997年には健康食品部門を独占して事業展開を進めてきました。 東洋新薬がこ …

8

東レ株式会社

東レ株式会社といえば90年以上の歴史を誇る有名企業で、1400億円以上の資本金を誇る日本を代表する存在です。 関係会社は日本だけでも100社ほどあり、海外も含めると255も存在しています。 手掛けてい …

10

富山化学工業株式会社

富山化学工業株式会社は富士フイルムホールディングスグループに属している企業で、株主比率は富士フイルムホールディングスグループが66%、大正製薬ホールディングス株式会社が34%です。 東京都新宿区西新宿 …